まず「大日不動産」と「可児猛(担当者)」のことをネットで調べよう!
不動産売買は、不動産業者との信頼関係が非常に大切です。また、担当者との相性も重要です。

まずは、このホームページをご一読いただき、大日不動産がどんな会社でであるかを確認してください。
担当者となる可児社長がどんな人物であるかを知ってみましょう。
amebaブログFacebookでプライベートなことも色々紹介しています。
(昨年までは、岐阜の話題がほとんどですが…)
「この人なら相談しても大丈夫かな?」と思ったら、ぜひ問い合わせをしてみて下さい!
kaniface2019
お問い合わせ
お問い合わせフォーム」または電話で直接ご連絡ください。
イクラ不動産 LINE売却相談
オンライン売却査定フォームからのご依頼でもOKです。
kaniface2019
初回面談・書類準備
担当者(可児)より改めてご連絡させていただき、弊社へのご来店かご自宅、または現地に訪問させていただきます。
電話、メール、ZOOMによる面談でもOKです。

なお、オンライン査定の場合は、初回面談は省略となりますが
査定書のご提案時までに、面談またはお電話で直接お話する機会を設けさせて頂きます。

<準備する書類>
固定資産税納税通知書、売買契約書など、物件所在地・面積・地目などが分かるもの。
※オンライン査定の場合は、事前送付をお願いすることがあります。
kaniface2019
「売却価格査定書」作成&ご提案 諸費用明細付き
査定書をレポート形式で作成し、対話しながらご提案させて頂きます。「仲介」の場合と「買取」の場合の2パターン、
古家付きの場合と古家を解体した場合、売却せずに賃貸に出した場合など、複数のシミュレーションを同時に行うこともあります。
kaniface2019
「媒介契約締結」 または 「買取」
<仲介(媒介)の場合>
売却開始価格と売買条件が決まったら、売主様と大日不動産との間で媒介契約を締結します。
契約期間は3か月で、以降は協議により更新または終了となります。媒介契約には3種類あります。

(1)専属専任媒介契約
 ⇒大日不動産のみ窓口。売主への定期報告義務あり。自分で直接買主と取引すること不可。
(2)専任媒介契約
 ⇒大日不動産のみ窓口。売主への定期報告義務あり。
(3)一般媒介契約
 ⇒大日不動産+他の不動産業者への同時依頼も可。売主への定期報告義務なし。
    
媒介契約書の中で、成約時の仲介手数料の金額と、支払時期が明記されます。
大日不動産は完全成功報酬方式を採用しており、引渡し(決済)の完了時に、全額受領することとしています。

<買取の場合>
大日不動産が買取する場合は、申込書を提出後、銀行相談のうえ、1か月以内に売買代金を全額一括支払いいたします。
残置物の処理、引越時期などは、個別の協議により定めます。不具合の補修等は原則不要です。
(引渡しが完了したら、買取の流れも終了します。)
kaniface2019
(以降、仲介の場合)
売却活動~申込~商談成立
大日不動産では、インターネットを中心に顧客を幅広く探します(ココスマ長野・athome)。また、他の不動産業者に弊社の物件情報を提供することが宅建業法で定められており、他の業者と協力して、さらに幅広く買主を見つけます。また、弊社独自の買い希望者とのマッチングも同時に進めていきます。現地には、看板を設置したり、近隣へのチラシポスティング、直接の声掛け(売り込み)も行っていきます。(プライバシー保護の観点から、近隣への売却活動は売主のご意向に合わせます。

申込が入ったら、大日不動産が間に入り、買主と条件の調整を行います。双方のOKが出るまで、粘り強く話をまとめます。
買主が銀行融資を受ける場合は、事前審査が通るのを見届けてから、契約へのステップに入ります。

住宅ローンが初めての方は、金融機関の選択を含めて多様な選択肢があるので、懇切丁寧にアドバイスをさせて頂きます。
kaniface2019
重要事項説明書の説明+売買契約書の締結
売買不動産に関する具体的な説明(重要事項説明書)と、取引条件に関する説明(売買契約書)を、宅地建物取引士(可児)が
売主と買主それぞれに行います。
大日不動産は、事前に必ず売主と買主の双方に原稿をご確認頂き、契約時には、不明点がそれぞれ殆ど無い状態で進めます。

<手付金方式による売買>
契約締結時に、いったん手付金(通常、売買代金の5%~10%)をお支払いを頂き、その後、銀行融資や引っ越し、測量や粗大ごみ撤去、建物の解体などを行って、最後に、所有権移転登記手続きと残代金を支払う方式です。銀行融資も、この日に実行されます。
売主と買主は2回お会いすることとなります。通常、売買契約から決済(引渡し)まで1か月~3か月ほど間をあけて行います。

<一括決済方式による売買>
重要事項説明と契約締結、所有権移転登記手続きと売買代金の支払いを、すべて1回の立会いで済ませる方式です。
銀行融資が不要で現金一括払いの場合、売主の不具合の負担が一切ない現況有姿渡しの場合などに行われる方式で、
売主と買主は1回お会いするだけなので、煩わしさがなく、手間がかかりません。
但し、重要事項説明や契約締結の事前確認は必須で、いったん契約したら後戻りが出来ないので、双方の意志が固く、
確実に売買が行われる場合にのみ適用されます。(買取の場合は、通常一括決済方式です。)
kaniface2019
引渡しに向けての準備(手付金方式の場合)
通常、確定測量や建物解体、粗大ごみ撤去や家財撤去、引っ越しなどを行っていただきます。
確定測量や建物解体など、不慣れなことが多々ありますので、大日不動産が積極的に立ち会い、売主様の不安の解消に努めます
kaniface2019
決済(引き渡し) ~アフターフォロー
所有権移転登記手続き(銀行融資の場合は、さらに抵当権設定登記と融資実行)、残代金の支払、鍵や重要書類の引渡し諸費用の支払いを、買主指定の銀行または不動産業者の事務所等で行うことをいいます。銀行の場合は会議室を利用するので、とても緊張する瞬間です。
ここさえ乗り越えれば、売主様は不動産からようやく解放され、買主様は晴れて新しいオーナーとなります。大日不動産は、決済の場面を何百回も経験しており、初めてのお客様にも、丁寧に分かりやすくご案内をさせて頂きます。

<アフターフォロー>
引き渡し後も、国土交通省からの取引アンケートや譲渡所得の確定申告など、不明なことが多々あるかと思います。
そんな時は、いつでもお気軽にお問い合わせください。
kaniface2019

お気軽にお問い合わせください。026-217-8919受付時間 9:00-18:00 [ 水・日・祝日除く ]

お問い合わせ